新着情報一覧

地元小学校で出前授業を実施2019年06月18日

  • 活動報告
  • JAあいち尾東

6月17日、北部営農センターの職員が瀬戸市立下品野小学校の4年生76人に愛知県の農業や瀬戸市の農業の特徴などについて出前授業を行いました。

これは、瀬戸市が地産地消を推進する取り組みの一環で当JAも協力しています。また、6月19日には愛知県が定める「愛知を食べる学校給食の日」として下品野小学校の給食に瀬戸市で採れたお米と玉ねぎが使われます。

子どもたちは、授業を受けながら気付いたことや興味を持ったことを一生懸命書き留め、「瀬戸市は陶器が有名なことは知っていたけれど、農業も盛んなことにびっくりした。もっと瀬戸市で作ったお米や野菜を食べたいと思った。」と話していました。