新着情報一覧

日進市産「こはるもち」使用した韓国伝統料理サムゲタン販売!2019年10月10日

  • 営農
  • JAあいち尾東

日進市の博淑屋(はくしゅくや)が製造販売する韓国の代表的な薬膳料理 参鶏湯(サムゲタン)を
手軽に作れるオリジナルキットに愛知県の新たな水稲奨励品種(もち種)「こはるもち」が
使用されています。

「こはるもち」は平成23年に愛知県農業試験場にて良質なもち米の安定生産を目的に
取組みされた品種で、平成27年から日進市の圃場にて試験栽培の許可を受け、遊休農地
解消事業を目的に地元農家と試験栽培に取組んでいます。

今回日進市出身である井口佐矢香代表から「生まれ育った地域のもち米を
商品に使いたい」と営農部に依頼があり、平成31年3月から本格的な供給が始まりました。

3日には井口代表がこはるもちの圃場を見学し、生産者に商品や商品に込める
思いを語り、生産者は「このような形で皆様の手にわたるのは大変嬉しい。
自分たちもブランド化に向け、農産物検査既定の産地品種銘柄登録を目指す」と意気込んでいました。
 
商品は日進園芸センターでも販売中。また11月23日に
金山総合駅で開催される「あいちの農林水産フェア」同JAブースでも販売を予定しています。

博淑屋ホームページ
http://www.samgyetang.style/