新着情報一覧

【熊本県御船町から長野県豊野区へ】復興米450㎏を精米2020年03月30日

  • 営農
  • JAあいち尾東

JAあいち尾東中部ライスセンターで平成28年熊本地震で被災した御船町が昨年10月に台風19号で
膨大な被害を受けた長野県豊野区の被災地へ贈る玄米450㎏の精米を実施しました。

 

これは熊本地震から3年が経過し、ようやく米作りが再開された熊本県御船町の米農家から
「自分たちの自慢のお米を食べて少しでも元気になってもらえたら」と被災時の支援に対する
感謝の想いを込め認定特定非営利活動法人レスキューストックヤード(名古屋市東区)を通じ
同JAに依頼があり実現したもの。

 

中部営農センター中條敦センター長は「直接、被災地に行けなくても出来ることはある。
御船町の方々の温かい熱い想いを届ける手伝いができることは大変有難い」と話していました。

 

精米したお米はボランティア活動を行う方々により「みふね復興米」として1㎏ずつ袋詰めされ、
長野市社会福祉協議会を通じ被災者に届けられます。