新着情報一覧

管内の小学校で稲刈り2020年10月16日

  • 活動報告
  • 営農

今年の5~6月に定植したお米の稲刈りが始まっています。
これはお米ができるまでの過程や農家の苦労などを実際に体験し学ぶことを目的に毎年実施しています。
今年は新型コロナウイルスの影響により田植えの実施を中止する小学校が多い中、
瀬戸市と豊明市の4校が感染対策を講じながら開催しました。

10月15日には豊明市立大宮小学校6年生を対象とした稲刈りに南部職員センターの職員が出向き、
鎌の使い方やお米が食卓に並ぶまでを説明しました。
  

慣れない手つきで鎌を使って力いっぱい刈り取った稲を、地元農家にご協力いただきコンバインで脱穀を行いました。
児童らは「鎌で稲を刈るのはとても難しい。今回の活動を通じて改めて農家さんの苦労を知ることができた」
と話していました。
 

脱穀したお米はライスセンターで精米まで実施し、11月7日に開催する大宮まつりで全校生徒へ提供される定です。