新着情報一覧

豊明市徳田柿組合 柿の目揃え会を実施2020年10月16日

  • 活動報告
  • 営農

10/15 JAあいち尾東果樹部会に所属する豊明市徳田柿組合は柿の出荷に向けて
JAあいち尾東南部営農センターで出荷会議、目揃え会を行いました。
徳田柿組合は共同出荷をメインとし、先進地への視察や剪定講習会など組合員が率先して計画し
良質な柿を目指し自己啓発に励みながら栽培に取り組んでいます。
当日は組合員8名のほか営農職員、経済連、丸岡(株)高岡青果市場担当者を交え、
柿を手にとりながら出荷規格や時期などを確認を行いました。

 

今回出荷される柿は形が四角く堅めな食感が特徴の次郎柿で 11月中旬頃から丸みがあり柔らかく
甘みがある富有柿の出荷となる予定です。今後、圃場審査も行う予定で、石川時男会長は
「例年より小ぶりで生産量が少ないが、味がしっかりとのり甘みもある。
組合一丸となって良質な柿を安定的に消費者に届けられるよう継続して技術の向上を目指していく」と話していました。

 
次郎柿は10月下旬から11月の上旬に出荷のピークを迎え11月中旬まで出荷する予定です。